忍者ブログ
http://kokoro3.bangofan.com/
よろしく
 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



側とB側は当初、どのシングルは、1950年代に始まるにリリースされた7インチアナログレコードの2つの側面に言及した。条件は曲の種類従来レコードの各側に配置を参照して、サイド機能曲(1つは、レコードプロデューサーの希望がオンエアラジオを受信するとなり、されて付属している"ヒット")一方、 B面、またはフリップサイド、しばしばアーティストのアルバムに表示されない二曲です。 

歴史 

早けれ10、78回転インチ、シェラックレコードは片面でした。それぞれの側に1曲で両面録音は、最初のヨーロッパのレコードコロンビアによって導入された、彼らはヨーロッパとアメリカでは普通になっていた1910年代の後半で。また1930年代まで;の側とB面が存在するレコードがないチャートがあったが、どちらの側がより重要と見なされ、ほとんどの部分は、ラジオ局は、レコードのいずれかの側に曲を再生します。 "側は、"レコードの内容については何も伝えていない。 
1948年、コロンビアレコードは、10と12インチの長期の再生を(LP)は、商業販売アナログレコードを導入ライバルRCAピン- Victorのは来年交換に来て7インチ45回転のアナログレコードと回答78単一のホームです。この法律において"シングル"1950年代初頭にアナログレコードの出現で一般的な使用に入ってきた。最初は、ほとんどのレコードレーベルはランダムに曲が側になるとそのB面になるに割り当てることで。 (すべての蓄音機のレコードがレコード自体のカタログ番号に加えて、各側の固有の識別子を持って、"A"側は、通常、順次低い番号を割り当てられます。)このランダムなシステムの下で、多くのアーティストが、いわゆるていた"ダブルレコードの両方の曲(ビルボード、金庫、または他の雑誌の1つを国内販売チャートで作られた両面ヒット")、またはジュークボックスの公共の場所で特色になる。 
時が、しかし、レコードの両側に曲を割り当てるための規則を着て変更されました。非常に10初期に、側で歌は歌はレコード会社を再生するラジオ局を望んで、45レコード(または'45s')、現金販売の面で市場を支配していた。これは、1968年までは、例えば、そのユニットごとにアルバムの総生産量は最終的に破ることができたことイギリスのシングルの初期の1970 [1]で、両面ヒットはまれになっていた。アルバムの売り上げは、増加していたB面は、非アルバム、非ラジオフレンドリーな楽器のバージョン、または単に劣って録音が置かれたレコードの横になっていた。 
カセットと1980年代後半にCD - ROMのシングルの出現により、A-side/B-sideの差別化はそれほど意味となった。最初は、カセットのシングルは、しばしばカセットの両側に、ビニールレコードの配置を一致、1つの曲があるだろうが、最終的には、カセットマキシシングルは、2つ以上の曲を含む人気となった。 1990年代にカセットシングルの低下により、A-side/B-sideの二分法は事実上消滅、残りの支配的な媒体として、CD - ROMには、同等の物理的な区別を欠いとなった。しかし、この法律において"B面は"まだ"ボーナス"トラックや"結合"を参照してくださいに使用されるCDの1つを追跡します。 
インターネット経由で音楽をダウンロードする法的手段の出現により、CDのシングルおよびその他の物理メディアの売上高は、[編集]と用語"B面を必要と減少している"今より一般的に使用されます。アルバムのアーティストのコレクションの一部でした曲は可能彼らのアルバムからの曲と同じダウンロードカタログを通じて行われ、通常は"未"、"ボーナス"、"非アルバム"、"まれ"、"と呼ばれるアウトテイク"または"排他的"トラック、曲のみ提供音楽の特定のプロバイダからという場合には、後者。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.